下肢静脈瘤の治療を受ける|悪化を防いでくれる

脚の静脈瘤の予防と治し方

女の人

脚の静脈に瘤ができる下肢静脈瘤は、同じ姿勢を長時間取ったり、脚の筋肉を使わなかったりすることにより起こります。むくみやだるさがあり、見た目がよくないため、治療をすることをお勧めします。治療方法は手術や薬物に加え、静脈を内部から焼いて塞ぐ、あるいは特殊な道具で瘤を除く方法が、負担がかからずお勧めです。

View Detail

足にコブができた時の対処

笑う女性

下肢静脈瘤の主な症状はだるさ・むくみです。脳梗塞や心筋梗塞のような重い症状にはなりません。治療法としは保存的療法、硬化療法、手術、血管内療法があります。予防として散歩のような適度な運動をすることをお勧めします。

View Detail

下半身の静脈にできた瘤

woman

下肢静脈瘤は、下半身における血行不良が原因で、静脈が膨らんで瘤になるという病気です。治療は、この静脈を注射またはレーザーで除去するという方法でおこなわれています。軽度の場合は、着圧ソックスで治療することもできます。静脈にバランスよく圧力を加えることで、血液の流れをスムーズにするのです。

View Detail

血管を健康で丈夫にする

足

弾性ストッキングの着用

下肢静脈瘤は、ふくらはぎから太ももにかけて広がる静脈に、血が溜まるようになり膨らむことで目で見てもわかるくらいボコボコと皮膚の表面に見えることです。良性の疾患であるため、目で見て判断は出来ますがそれ以外に自覚症状はほとんどなく苦痛も少ないとされています。しかし、症状が悪化する可能性もあるため出来る限り早い段階で治療を受けることが望ましいと言えます。下肢静脈瘤の治療は、症状に合わせてマッサージやストレッチなどを行う保存療法や注射を使った方法、レーザーによる治療や外科手術があります。どの場合でも、治療中から治療後も弾性ストッキングを着用すると血液の循環をサポートするため予後が良くなると言われています。

日常生活で気を付けること

下肢静脈瘤は、女性に多く遺伝することもありますが多くは出産時にいきむことで血管に負担がかかることで発症すると考えられています。そのため、妊娠中から出産後まで出来る限り弾性ストッキングを着用すると予防になると言われています。また、日常生活でも重いものを持ち運びしたり長時間の立ち仕事は避けたほうが良いと言われています。寝る時にはつま先を少し高くして寝たり、適度な運動を心がけることも下肢静脈瘤の症状改善や再発予防に有効であるとされています。食事に関しては、ポリフェノールを積極的に摂取すると良いと言われています。ポリフェノールは飲み物では赤ワインや緑茶、食べ物ではキャベツやブルーベリーに含まれています。治療は、下肢静脈瘤専門クリニックで受けると良いと言われています。自分に合ったクリニックを探すときは、比較サイトを参照することがおすすめです。サイトでは、クリニックごとの利点や特徴が書いてあるので、そこから治療してもらいたいと思える病院を探すことができます。また、クリニックは連休明けの午前中などは混雑する恐れがあります。そのため、できるだけ時間に余裕を持って診断に臨むようにしましょう。あまり時間がないという方は、事前に診断の予約を入れておきましょう。予約があるとスムーズに症状を見てくれます。